ペルー目次

Túpac Amaruの反乱にもかかわらず、ペルーの副王領では独立が遅れていました。 一つには、ペルーは保守的で王党派の拠点であり、潜在的に落ち着きのないクレオールのエリートは、古い植民地時代のシステムにおいて比較的特権的な地位を維持していた。 同時に、Túpac Amaru反乱の「反白人」の現れは、クレオールのカースト自体に脅威を与えることなく、先住民の大衆を容易に動員することができないことを示した。 このように、独立が最終的に1824年に来たとき、それは本当に人気のある、先住民族の、そして民族主義的な動きではなく、主に外国の賦課でした。 歴史家のDavid P.Werlichが適切にそれを置いているように、「ラテンアメリカの独立のドラマにおけるペルーの役割は、最終的な行為までは主に興味のある観”

1820年以前に観客が目撃したのは、アメリカ大陸での内戦であり、反体制派クレオールのエリートが、王冠と古い植民地秩序に忠実な王党派に対して独立を支持していた。 この運動は、1808年にナポレオン-ボナパルトがスペインに侵攻したことに反応して勃発し、フェルディナンドVIIを退位させ、強奪者であるジョゼフ-ボナパルトをスペイン王位に置いた。 アメリカでは、これは植民地政府の非常に政治的正当性の問題を提起しました。 ユンタスが翌年にペルーを除く南米の様々な首都で捕虜となったフェルディナンドに有利になったとき、比較的短い期間であったにもかかわらず、彼らは次の十五年間にわたって大陸全体に落ち込み、流れた最終的な分離に向かってプロセスをオフに触れた。 このプロセスは、南アメリカのスペインの力の周辺で最大の勢いを発達させました-北のベネズエラとコロンビアと南のリオ-デ-ラ-プラタ地域、特にアルゼンチンとなったもので。

反乱の後半の間に両方の動きがペルーに収束するまで、特に1820年にピスコに上陸したホセ-デ-サン-マルティン将軍率いる4,500人の遠征軍は、スペインのペルーの支配が深刻に脅かされていた。 アルゼンチンに駐留していたスペイン軍将校の息子サン・マルティンは、当初はスペイン軍に従軍していたが、反乱に参加するために故郷のアルゼンチンに戻った。 1814年にアルゼンチンの独立が達成されると、サン-マルティンはチリを経由してペルーを解放するという考えを考案した。 アンデスの5,500人の軍隊の指揮官として、その半分は元黒人奴隷で構成されていたサン-マルティンは、壮大な軍事作戦でアンデスを渡り、1817年にチリを解放した。 3年後、彼のやや小さな軍隊はバルパライソを離れ、元イギリス海軍提督トマス・アレクサンダー・コクラン(ダンドナルド卿)が指揮する艦隊でペルーに向かった。

ペルーでは独立のための孤立した動揺が早く現れていたが、サン-マルティンの侵略は、ペルーの解放が手元にあり、独立を宣言すべきであることを、トルヒーヨの保守的なクレオール人、ホセ-ベルナルド-デ-タグル-イ-ポルトカレーロを説得した。 現在独立を宣言している内部勢力は、クレオールの有力な貴族である第4代トーレ・タグル侯爵によって率いられており、将来の政治秩序に対する君主主義的な同情はアルゼンチンの解放者のものと一致していた。

しかし、大陸の王権の最後の砦の敗北は、ゆっくりと困難な仕事を証明した。 他の多くの沿岸都市はすぐに解放軍を受け入れたが、サンマルティンは1821年にリマを占領することができたのは、総督がかなりの力をシエラに撤退させることを決めたときだけであった。 その後まもなく、1821年7月28日、サン・マルティンはペルーの独立を宣言し、その後、著名人の議会によって保護者に指名された。 しかし、多くの問題は、彼らが”ホセ王”と呼んだ外国人の重い支配に対するペルーの怒りの高まりではなく、王党派を倒すためのキャンペーンを失速させた。 その結果、サン・マルティンは南アメリカ北部の大部分をスペインの権力から解放したシモン・ボリバル・パラシオスに援助を求めることにした。

二人の解放者は、ペルーの解放を完了するための共同の努力の条件を手配するために、1822年半ばにグアヤキルで歴史的な会議で会いました。 ボリバルはペルー方面作戦での協力に同意することを拒否したため、不満を抱いたサン・マルティンは指揮官を辞任してチリに向かい、最終的にはフランスに亡命することを選んだ。 サン・マルティン軍の大きな助けを借りて、ボリバルはペルーに侵攻し、1824年8月のジュニンの戦いで勝利した。 しかし、31歳のアントニオ・ホセ・デ・スクレ・アルカラ将軍は、1824年12月9日にフアマンガ(後にアヤクーチョと改名された都市)近くのアヤクーチョのアシエンダで王党派軍を破ってペルー独立の任務を完了させた。 南の高地でのこの戦いは、南米におけるスペインの植民地支配の長い時代を効果的に終わらせました。

独立後の不安定性

ボリバル大統領(1824年-26年)の下で1824年にペルーの植民地支配から名目上の独立への移行は、拷問と政治的に不安定化を証明した。 独立は、植民地主義とアンデスの新自由主義に基づく不平等と未開発の基本的な構造を変えることはほとんどなかった。 基本的に、独立は、スペインの本土(ペニンシュラレス)から、特権的な社会経済的地位を維持し、強化することを目的としたエリートクレオール階級の部門への権力の移転を表していた。 しかし、新しいクレオールのエリートは、教会と国家の王冠のモノリスに代わる安定した新しい憲法秩序を作り出すことができませんでした。 また、それは実行可能な民主的な、共和党の政府を構築するのに資する方法で社会秩序を再構築するために喜んでいませんでした。 結局のところ、問題は、古い秩序の正当性を完全に新しい秩序に置き換えることの一つであり、多くの植民地後の政権が達成するのが困難であった。

スペインの支配の崩壊によって残された政治的な真空にアンデスのcaudillismoの特に毒性のフォームを急増させました。 Caudilloの有力者、多くの場合、解放軍の将校は、武器の力と広範で複雑な顧客主義的同盟の精緻化によって権力を掌握しました。 個人主義的で恣意的な支配が法の支配に取って代わったが、権力のための長期的でしばしばビザンチンの闘争は社会のあらゆるレベルで行われた。 結果は、ポスト独立時代の最初の二十年の間に内部の政治的断片化と慢性的な政治的不安定でした。 1821年から1845年の間に年に1回、少なくとも24回の政権交代を経験し、憲法は6回書き換えられた。

これは、より大きな政治的問題がこれらの紛争を知らせなかったと言うことではありません。 歴史家のPaul E.Gootenbergによる修正主義的研究は、貿易の政治(自由または保護主義)と地域主義がどのようにしてこの時代の内部カウディロ闘争の中心であったかを非常に詳細に示している。 この解釈では、1つのカウディロまたは別のものを支持するナショナリストのエリートは、世紀半ばのグアノブームの出現まで、主に保護主義的で新 この見解は、無制限の自由主義と自由貿易がペルーの国際経済と西洋への”依存”につながった時代の支配的な解釈に反対している。

しかし、当惑、カウディロの混沌とした時代は、いくつかの異なる期間に分けることができます。 第一に、ボリバルはリマから中央集権的でユートピア的な自由主義政府を押し付けようとしたが、失敗した。 1826年にコロンビアで起こった出来事により、彼は権力を放棄してボゴタに戻ることになったが、彼の出発は多くのペルーの有力者が満たそうとする即時の真空を残した。 任期の面で最も成功したのは、クスコからの保守的な将軍アグスティン-ガマラ(1829年-34年)であり、数多くの反乱を鎮圧し、五年間権力を維持した。 その後、本格的な内戦は、最初のルイス-デ-オルベゴソ将軍(1834年-1835年)とフェリペ-サラヴェリ将軍(1835年-1836年)を短期間大統領宮殿に運んだ。 権力闘争は1830年代半ばまでにこのような混沌とした状態に達し、アンドレス-デ-サンタ-クルス-イ-カラフマナ将軍は1836年から1839年にかけてペルー-ボリビア連合を課すためにボリビアからペルーに進軍した。 この同盟は地域の力のバランスを崩し、チリはサンタクルスを倒し、現状を回復するために軍隊を召集し、実質的には1840年代まで続く派閥紛争の再開を意味した。

独立のための破壊的な戦争(1820-24)の直後に来る慢性的な政治的不安定性への降下は、ペルーの一般的な独立後の経済的衰退を加速させた。 1820年代には、銀の採掘、成長の国の伝統的なエンジンは、崩壊し、大規模な資本逃避は、大きな対外赤字をもたらしました。 1830年代初頭までに、銀鉱山産業は回復し始め、1840年代初頭の植民地レベルの生産量に一時的に戻った。 1840年代には、ペルー南部が大量の羊毛、硝酸塩、グアノを輸出し始めたため、経済回復はさらに強化された。

一方、独立後の英国の織物の大規模な輸入は、技術的に先進的でコスト効率の高い海外の競合他社と競争することができなかったネイティブ職人やobrajesの生産を事実上破壊した。 しかし、ほとんどの場合、経済は独立後すぐの数十年で続き、主に自給自足のハシエンダとネイティブコミュニティからの市場性のある黒字の低レベ

1840年代の輸出の拡大は、特にラモン-カスティーリャ元帥(1845年-51年、1855年-62年)の独裁的な指導者の下で、ペルーの国家を安定させるのに役立った。 カスティーリャの権力への上昇は、グアノブームの始まりと同様に、比類のない経済成長と政治的安定の時代の始まりを示し、国の独立後の衰退を効果的に終わらせた。 確かに、多くのオブザーバーに、いわゆるグアノ時代(1845-70)の間のペルーは、南アメリカのすべてで抜群の国として出現するように一意に配置されているようP>

カスタム検索

カスタム検索

カテゴリー: Articles

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です