臨床ケア経路は、虫歯のリスク評価とさらなる病気を予測し、予防する能力に新たな重点を置いています。 食生活が虫歯の発症の重要な要因と考えられているため、遊離糖の摂取頻度やタイミングなどの食習慣によってもたらされる虫歯リスクのレベルが疑問視されている。

目的:虫歯の経験のための信頼性の高い、単純な食事の危険因子を特定すること。

研究デザイン:臨床検査、アンケート、24時間の食事リコールインタビューから得られたデータを持つ便利なサンプルの断面観察研究。

参加者:グレーターマンチェスターとニューカッスル-アポン-タイン、英国の包括的な学校から11-12歳の128科目。

アウトカム測定:食事の間、就寝前に消費された遊離糖および消費された総遊離糖の合計%は、栄養士が率いる食事評価から評価された。 D4-6MFTは、臨床検査からICDASステージ4の虫歯閾値で生成されました。

結果

結果: 分析は、高と低剥奪、食事と遊離糖(%)の間の遊離糖の消費の間に、空洞群(D4-6MFTで分割)と呼ばれる象牙質に虫歯を具体的に見たときに虫歯の経験に有意差 ベッド前の時間内の遊離糖の消費は、空洞/無空洞群(p=0.002)の間に統計的に有意な差を明らかにした。 空洞群/無空洞群のロジスティック回帰分析では、就寝前の遊離糖消費に対するオッズ比2.4(95%CI1.3、4.4)が明らかになった。

結論: この研究は、就寝前に遊離糖を摂取することが、象牙質の経験への思春期のう蝕の重要な危険因子である可能性があることを示唆している。

カテゴリー: Articles

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です